第20回深川海さくら報告

第20回深川海さくらは、台風が迫る中、雨の降る状況での活動となりました。

s-IMG_3417

●参加者:12名(男性:11名 お子さん:1名)

●可燃ごみ:3.1kg(4袋)

●不燃ごみ:4.2kg(4袋)

●回収非対応:0.5枚

●合計: 7.8kg

●内、リサイクル対象物:2.5kg

 

<次回の予定>

「木工教室」

2017年11月26日(日)10時より

於:富岡八幡宮横綱力士碑前

 

10月は本当に雨の多い月となりました。深川海さくらが行われた29日も、台風が迫ってきており、中止するかどうか難しい判断となりましたが、予報を慎重にみていると、関東付近に上陸するのは夕方から深夜にかけてという予報でしたので、代表と話した結果、イベントである木工教室は中止とし、ゴミ拾いだけ決行させて頂く事になりました。海さくらのゴミ拾いは危険を伴う場合を除き、雨や雪でも行うというのが本家江の島のスタイルでもあります。継続が力になると考えているからです。ただ無理は禁物、マイペースで楽しくやるのが基本なので、欠席して頂いても全然かまいません。

今日はおそらくスタッフだけで寂しくゴミ拾いかな・・、そんな風に思いながら準備をしていたら、なんとスタッフを含め12名の方が参加して下さいました!この雨の中いらっしゃるのは相当な強者たちです(笑)。木工教室を楽しみにして頂いた方には大変申し訳ございません。11月26日(日)に延期させて頂きますので、ご都合の良い方は改めて事務局までご連絡ください。

代表は同日、スポンサー企業長谷萬として、同社が製作したオリンピックカウントダウンボードのお披露目会のためスタートには間に合わず、事務局長である私から簡単な挨拶と、木工教室が中止となってしまったお詫びをさせて頂き、本日の木工教室に合わせ、製作する巣箱について説明に来て下さった江東区議会議員の鬼頭先生にご挨拶をして頂きました。先生も、この天気の中ゴミ拾いをする深川海さくらには感銘をして下さり、感謝の言葉を頂きました!巣箱の説明については、次回詳しくして頂きます。

それでは同日の様子を写真にてご覧ください。ゴミ拾いの中写真を提供してくれたスタッフと常連メンバーの池永様にはとても感謝しております、この場を借りて御礼致します。

s-IMG_0853s-IMG_0852 s-IMG_3415 s-IMG_3414s-IMG_0857

当日は写真を撮るのも困難な状況であり、写真が少ないこと、何卒ご了承ください。そんな中常連さんの池永さんが、写真と共に多くのゴミを拾ってきてくださいました。当日は富岡一丁目の高架下近辺が汚れていたそうです、以下提供して頂いた写真を掲載いたします。

DSC_3409

DSC_3406

DSC_3410

 

喫煙所に捨てられた多くの缶やペットボトルの数々・・。喫煙者のマナーを疑ってしまいます。喫煙者の方々はたばこの吸い殻が多く捨てられているのを目にしますが、ゴミ箱もないところでこの様にゴミを捨てていくのは、如何なものでしょうか?きっとこの人たちは吸い殻も喫煙所がなければ道端の排水溝に捨ててしまうのだろうな・・。そんな風に想像してしまいます。一丁目町会の方がおっしゃるように、環境美化への協力、何卒宜しくお願い致します!

本日は唯一1名の男の子が参加してくれました、面白いゴミ拾った選手権はやりませんでしたが、ビールジョッキと珍しい四角い石けんを拾ってくれて、今日のお礼にとスタッフが用意したお菓子をみんなに振る舞ってくれました。大変なゴミ拾いの中、ちょっと和んだ瞬間でした^_^

s-IMG_0860 s-IMG_0859 s-IMG_0862

最後は代表も戻ってきて、皆さんに本日のお礼のご挨拶をしました。そして重大な発表として、深川海さくらがNPO法人として受理されたことも発表いたしました。法人格を持ったことで、助成なども受けやすくなり、さらにスケールアップした活動を目指していくことが出来ます。深川に自然を守る、そのために様々な活動が出来たらと思っていますので、是非楽しみにしていてください!

s-IMG_3419

11月26日(日)は今回中止で延期となった「木工教室」を再度募集いたしますので、是非事務局までご連絡ください。先着10名様までとなっております。キッド代と致しましてお一人様500円を頂いております。ふるってご参加くださいませ。また、渋谷海さくら代表の高木さんが、10月に続き参加して下さり、深川・渋谷のコラボ企画となります。どうぞお楽しみに!

 

第19回ベストゴミ拾いファッション大賞

第19回ベストゴミ拾いファッション大賞は、ハゼ釣り大会の趣旨に合わせ、カラフルな魚のTシャツとサングラスが良く似合い、注目を集めた

「松本さま(奥様)」に決定させて頂きました!

s-P9242276

s-P9242277

1. どこから来ましたか?

→東陽の自宅からです。

2.今日のファッションのポイントは?

→魚釣りに合わせた柄のTシャツです。鮮やかな色を身に付けると心がウキウキゴキゲンになります。

3.ゴミ拾い・ハゼ釣り大会の感想

→交差点と公園ではタバコの吸い殻がたくさんあり、大人のマナーが悪いなぁと感じました。他の場所は思いの外、ゴミが落ちておらず、住民の方々が普段からお掃除されているのだなと、感服しました。ベビーカー&子供連れでBコースを歩きましたが、程よい距離で子どもたちも最後まで自力で歩いて楽しくごみ拾い出来ました。

→ハゼ釣りについて…あの場所で釣った魚が食べられるなんて本当に驚きました。一匹も釣れませんでしたが、日曜の午後に野外でのんびり過すことが出来て気持ちよかったです

4.スタッフ感想

→今回はじめて参加して下さった「松本ファミリー」。中でもお母様の存在感はピカイチで、残念ながらハゼは1匹も釣れなかったそうですが、そんな事を感じさせないその明るいオーラは周りを和ませてくれておりました!ご本人もおっしゃる通り、鮮やかな色がひときわ目を惹き、心がウキウキになるそうです。ファンキーな海さくらのゴミ拾いにはぴったりの衣装でした。また鮮やかな服装で、是非いらして下さい^_^!!

第19回深川海さくら「ハゼ釣り大会」の巻活動報告

第19回深川海さくらは、快晴のなかゴミ拾い、そして昨年も大人気を博した「ハゼ釣り大会」のイベントを行いました。

s-P9242195

 

まずは参加者、及びゴミの量、そして次回のご案内をさせて頂きます。

●参加者:65名(男性:32名 女性:15名 お子さん:18名)

●可燃ごみ:10.3kg(21袋)

●不燃ごみ:16.1kg(26袋)

●回収非対応:3.1kg

●合計:29.5kg

内 リサイクル対象物:9.5kg

<次回イベントの予定>

「木工体験教室」

2017年10月29日(日)10時より

於:富岡八幡宮横綱力士碑前

人気のハゼ釣り大会という事で、新規のご家族連れも多く集まった第19回深川海さくら。まずは代表挨拶にて海さくらのコンセプトである「海にゴミが流れつくのを食い止めるため、街のゴミを拾う」というお話をさせて頂きました。

続いて本日のイベントのスポンサーであり、2年連続でハゼ釣り大会のスポンサーになって頂いた東京ボード工業株式会社 長嶌様より、東京ボード工業様の事業について、皆様にご説明して頂きました。東京ボード工業様の主力製品は「木質ボード」と呼ばれる、主にマンションの床下材に用いる板で、廃材を利用しているため、二酸化炭素を出さずにリサイクルする事業を行っており、実際のボードのサンプルを持ってきてくださいました。初めて見るお子様は興味津々で、大人の皆様にもその企業姿勢はしっかりと伝わりました。

最後に事務局である小野木より、次回のゴミ拾いと本日のゴミ拾いルートについて、そして面白いゴミ拾った選手権や、スタンプカードなど海さくらならではの企画を説明させて頂き、いよいよ第19回深川海さくらがスタートいたしました。その様子を集合からゴミ拾いまで、写真にてご覧ください。

 

s-P9242150 s-P9242157 s-P9242158 s-P9242154 s-P9242153 s-P9242144 s-P9242142 s-P9242160 s-P9242161 s-P9242164 s-P9242166 s-P9242167 s-P9242168 s-P9242170 s-P9242171 s-P9242172 s-P9242173

写真を見て頂いてもおわかりの通り、本当に多くの方に来て頂きました。家族連れが多く、子供たちはみな、一生懸命ゴミを拾ってくれました!

本日は前回よりもかなり多くのゴミが拾えました。人数も多かったのですが、商店街の前など、全体的にゴミの量が多かったです。

そしてお待ちかねの、「面白いゴミ拾った選手権」です。こちらの様子を写真にてご覧ください。

 

s-DSC_0355_R s-DSC_0361_R s-DSC_0362_R s-DSC_0365_R s-DSC_0366_R s-DSC_0368_R s-DSC_0369_R s-DSC_0370_R s-DSC_0372_R s-DSC_0363_R

見ての通り、お子さんがたくさん参加して下さっています。優勝した常連のハタエJrやノッチに加え、新規参加のお子さんたちも頑張って発表してくれました。

大人も負けじと参加してくれて、大いに盛り上がりました!

そして早速、東京ボード工業様のプレゼンを聞き、大きな木の枝を拾ってくれた子供達。東京ボード工業様の活動もしっかり子供の心に届いていましたね^_^

こうして面白いゴミ選手権も終わり、集合写真を撮って今日のゴミ拾いは終了となりました。

s-P9242196

続いては、お待ちかね「ハゼ釣り大会」の時間となりました。事前申し込み制なのですが、今年定員ギリギリの22名の参加となりました。

チラシを見て参加してくれたご家族連れも多く、東京でハゼ釣りが出来るというイベントの魅力が皆さんにも感じ取って頂けたようです^^

今年も地元江東区出身の環境活動家・寺田さんが大会委員長としてご参加下さり、ハゼ釣り初心者でもわかるよう、ハゼの釣り方を丁寧に説明して下さいました。

そして、各々好きな色の釣り竿とエサを手に、いよいよハゼ釣り大会のはじまりです。

制限時間は約1時間。マハゼを釣ると2ポイント!シマハゼやカニなどの生物だと1ポイントが加算され、誰が一番多くのポイントを獲得したかで競います。

それではハゼ釣り大会の様子を、写真にてご覧ください。

 

s-P9242223 s-P9242224 s-P9242225 s-P9242226 s-P9242227 s-P9242230 s-P9242212

開始して約5分、早くも「釣れたー」という声が聞こえ始めました!

s-P9242217s-P9242218 s-P9242243 s-P9242246 s-P9242247 s-P9242241

次々に釣り上げていく大人たち。子供はちょっと飽きてきてしまったでしょうか?お母さんに任せきりで、お菓子を食べてます(笑)

それは魚じゃなくて海草でしょ(笑)

s-P9242234s-P9242242

そして徐々に、子供たちの竿にもあたりが出始めました!

ハゼと一緒写真に収まる子供達、嬉しそうです!

s-P9242245 s-P9242244 s-P9242253 s-P9242240

かと思うと、なかなか釣れない人たちも・・。エサはずいぶん食われるんだけど、肝心なハゼが釣れないと、悔しそ大人たち。子供達も祈るような気持ちで釣竿の浮きを眺めています。

s-P9242225 s-P9242224 s-P9242227 s-P9242228 s-P9242220 s-P9242221 s-P9242229

残り時間も少なくなってきて、事務局としてもみんなにあたりが来てほしいと願ってしまいます!

ここで大本命の、釣竿持参で参加して下さった、スポンサー企業の東京ボード工業・長嶌さんが連続してマハゼを釣り上げ、一気に追い上げます。

ミワさんも負けじと終了間際に釣り上げ、まさにデットヒート!!!

s-P9242251 s-P9242250 s-P9242248

そしてあっという間に時間は過ぎ、終了の時が訪れました。

「え~、まだ連れてないのに・・」「もっと釣りたい」という叫びも聞こえる中、結果発表の前に、寺田さんの水質調査結果と本日釣り上げたハゼやカニの説明がありました。

s-P9242255 s-P9242254 s-DSC_0387_R s-DSC_0390_R

本日の水質調査の結果は「6」。隅田川は海水に近く、この数値はかなりキレイなんだそうです。魚も暮らしやすい環境に川が保たれているので、ハゼも安心して住めるんですね!

ちなみにこのキッドを提供して下さった、清澄白河のお洒落なビーカー屋さん、リカシツさんも深川海さくらのサポートをしてくれています。

以下URLをご覧いただくか、トップページに貼られているリンクをチェックして下さいね~

http://www.rikashitsu.jp/

 

マハゼとシマハゼの違いについても説明して下さいました。

s-P9242262 s-P9242263

白っぽくて透き通っているのがマハゼ。黒く濁っているのがシマハゼなのだそうです。

こうしてみると全然違いますね!骨もマハゼは柔らかく天ぷらなどで頂けますが、シマハゼは骨が固いので、つくだ煮などにするのだそうです。

ハゼは1年しか生きられないため、体内に毒素をためることもなく、安全に食べれるのだそうです!

そして、Jrが釣ったカニは、なんと釣り上げた牡蛎の貝殻の中から出てきたそうで、珍しく卵をいっぱいお腹に抱えた雌のカニを見ることができました。

子どもたちは初めて見るカニの卵に興味津々でした^_^(いい写真が撮れていなくてごめんなさい)

s-P9242266

そしていよいよ、結果発表です。まずは銅メダルの2名のショットから。子供2人が頑張りました!

s-P9242270

続いて銀メダル。Jrは今年も2位でした、カニはラッキーだったな~(笑)

s-P9242271

そして1位は3人の大人達。格の違いを子供に見せられ、面目躍如といったところでしょうか。

s-P9242272 s-P9242273s-P9242274

「金メダルいいな~、欲しい!」という子どもたちの眺望のまなざし。大人たちの笑顔も素敵ですね^_^

今日は台風一過で浅瀬のハゼが少なく、難しい状況での大会でしたが、終わってみれば多くのハゼが釣れて、大盛況の大会となりました。

次回は10/29(日)、ゴミ拾い後は在来種の生育にこだわったフジクラ千年の森を見学し、先着10名様で木工教室「巣箱」を作ります。

ご希望のかた、お早めにご連絡下さいませ!

※詳しくは「ゴミ拾い」ページをご確認ください。

第18回深川海さくら「いかだレース」活動報告

第18回深川海さくらは、快晴のなかゴミ拾い、そして「いかだレース」のイベントを行いました。

まずは参加者、及びゴミの量、そして次回のご案内をさせて頂きます。s-P8272204

●参加者:48名(男性:20名 女性:18名 お子さん:10名 + しょうちゃん)

●可燃ごみ:2.8kg(20袋)

●不燃ごみ:7.5kg(18袋)

●回収非対応:0.5kg

●合計:10.8kg

内 リサイクル対象物:2.5kg

<次回の予定>

「ハゼ釣り大会」

2017年9月24日(日)10時より

於:富岡八幡宮横綱力士碑前

 

第18回深川海さくらは、いつもの自由な場所をゴミ拾いするスタイルでなく、富岡八幡宮から、いかだレースの会場である古石場親水公園まで、2つのグループでゴミ拾いを行いました。当日はとても暑かったため、熱中症にも留意し、ダイドーさんからドリンクを提供して頂きました。

そして「いかだレース」のスポンサーである長谷萬カスタムホームズの山口本部長より、新しく本社に出来たショールームの宣伝をさせて頂きました。長谷萬カスタムホームズが展開する、木に囲まれた空間づくりを体験してみたい方は、是非遊びにいらして下さい。美味しいコーヒーも振る舞ってお待ちしています!

さて、ゴミ拾いに戻ります。それでは写真と共に当日のゴミ拾いの様子をご覧ください。

DSC_0583_R DSC_0589_R DSC_0592_R DSC_0593_R DSC_0594_R DSC_0595_R DSC_0596_R DSC_0597_R DSC_0600_R DSC_0603_R DSC_0604_R DSC_0607_R DSC_0608_R DSC_0610_R DSC_0611_R DSC_0614_R DSC_0617_R DSC_0620_R DSC_0621_R DSC_0623_R DSC_0624_R DSC_0626_R DSC_0629_R s-P8272195 s-P8272187 s-P8272185s-P8272190

さて、今回はいかだレースを開催するため、いつもの「面白いゴミ拾った選手権」は行わず、集合写真を撮り、いったんお開きとさせて頂きました。ルートでのゴミ拾いとなったため、ゴミの量は皆さん、いつもほど拾えなかったようですが、いつもはいかない新しい発見もあり、それなりに楽しんでいただけたようです!

s-IMG_0921 s-P8272204

それではいかだレースのスタートです!

まず、今回の古石場親水公園の申請を一緒に行ってくださった”街の御用聞き”江東区議鬼頭先生が、いかだレースの宣言を高らかに行ってくださいました。防災訓練からいかだレースの会場に駆けつけて下さり、誠にありがとうございました。

DSC_0635_R

そして筏レースです。長谷萬木ラボチームのお2人(坂口さん、有本さん)が丹精込めて製作したいかだ達が並び、参加賞の「げんべい」のサンダルも並んで、いよいよレースの開始です!

s-IMG_0919s-IMG_0920 s-IMG_0917

レースは全部で3回、行われました。19名の方が参加して下さいました。

参加者はまず、並んでいるいかだの中から、好きないかだを選んでもらい、そこに好きなフィギアや目印をつけて頂きます。なかには今日のゴミ拾いで拾ったゴミを目印にされてる方も(笑)。

そして、それぞれのレースで優勝した方には「げんべい」と本家海さくらのロゴが入ったオリジナルTシャツを。

2位以下の方には、大人の方にはビールを、お子さんにはシャボン玉スティックのプレゼントがあります。それではレースに挑む皆さんの真剣な様子、周りでレースを見る方の様子を、写真にてご覧ください!

s-IMG_0984 s-IMG_0983 s-IMG_0986 s-IMG_0987 s-IMG_0988 s-IMG_0989 s-IMG_0944 s-IMG_0942 s-IMG_0945 s-IMG_0946 s-IMG_0948 s-IMG_0953 s-IMG_0961 s-IMG_0966 s-IMG_0992 s-IMG_0993 s-P8272214 s-P8272216 s-P8272228 s-P8272225 s-P8272229

最後は参加したい人すべてがもう一度レースに挑み、大いに盛り上がりました!夏休みの最後のひと時を、楽しんでいただけたなら幸いです。深川海さくらではこれからも、深川に残された川や自然を楽しめるエリアで皆さんと楽しみながら、街と、川と、海とのつながりを感じて頂けるようなイベントを実施していきたいと思います。

9月は昨年も大好評だった「ハゼ釣り大会」を実施致します。

9月24日(日)10時に富岡八幡宮横綱力士碑前を出発し、越中島公園へ向かいます。

事前予約(釣竿・エサレンタル代1000円を頂きます)が必要となります。是非ご参加下さいませ!

 

 

 

 

 

第17回深川海さくら「BLUE SANTA」活動報告

第17回深川海さくらの活動は、7月17日(月・祝)、「BLUE SANTA」としては2回目のイベントを行いました。

まずは参加者、およびゴミの量。そして次回日程についてご案内させて頂きます。s-IMG_2463

 

● 参加者:78名(男性:46名 女性:22名 お子さん:10名)

● 可燃ごみ:14.1kg(47袋)

● 不燃ごみ:33.9kg(59袋)

● 回収非対応:11.1kg(傘など)

● 合計:59.1kg

内 リサイクル対象物 16.9kg

<次回の予定>

「筏レース」

2017年8月27日(日) 10時00分

於:富岡八幡宮 横綱力士碑前(前回と同じ場所)

 

第17回深川海さくらは、本家海さくらと日本財団が共催するイベント「BLUE SANTA」を実施致しました。

「BLUE SANTA」は、日本が独自に定めた「海の日」という休日の意味を理解している人が少なく、ただ休日の一つと捉えられてしまっているため、

みんなで青いサンタクロースの恰好をしてゴミ拾いをし、海の恩恵に感謝するというイベントです。

昨年も68名と、1年間で一番多くの方に来て頂きましたが、今年はさらに上を行く、78名の方が参加して下さり、深川に多くのBLUE SANTAが誕生しました!

実は今年は、いつも参加して下さっている深川の焼き鳥屋さん「アポロ」の柳澤さんの呼びかけによって、私たちと同様、深川の街をキレイにしたいと考え深川海さくらと一緒にゴミ拾いをしてくれている、深川のお店「姉御家」さん、「メモリアルスタイル」さん、「リフォーム不動産深川studio」さん「かとう治療院」さん、そして両国から「両国橋ゴミ拾いの会」さんが私たちと一緒にBLUE SANTAに参加して下さったのです。それにより、昨年は参加していなかった多くの新しいサンタが生まれました!

本日も代表の長谷川より挨拶で「BLUE SANTA」のイベントについて説明をさせて頂き、続いて地元の神輿会である富二會の馬田会長より、BLUE SANTAにご参加の皆さんに特別に、ゴミ拾いのあと神輿を担がせてくれるとのご挨拶をさせて頂きました。最後に事務局長の小野木より、来月以降のイベント情報8/27(日)の「筏レース」と9/24(日)「ハゼ釣り」そして本家のイベント8/12(土)「どすこいビーチクリーン」についてご説明をさせて頂き、ゴミ拾いをスタートいたしました。

それでは当日の様子を、写真と共にご覧ください。

s-IMG_0782 s-IMG_0778s-DSC_2811s-IMG_0777 s-IMG_0776 s-IMG_3972 s-IMG_3973 s-IMG_3971 s-IMG_3970 s-IMG_3969 s-IMG_0775 s-IMG_0774 s-IMG_0445 s-IMG_0448 s-IMG_0449 s-IMG_0450 s-IMG_0453 s-image3 s-image1

深川の街中を、青いサンタの集団がゴミ拾いをして、一般の方にはさぞかし目立っていたと思います(笑)。

街と海がつながっているということを、普段ははなかなか感じることも難しいのですが、こうしてサンタの恰好をしてゴミ拾いすると、

街にいながら海とのつながりを感じることが出来る!という声を多く頂きました。

そういう経験を出来る人を一人でも多く増やし、街も海もキレイに出来たら嬉しいです^_^

ゴミ拾いを終えたら、BLUE SANTAでは恒例となった、かき氷のサービスが。

代表自らかき氷の機械を操作し、皆さんにふるまいました。暑い中ゴミ拾いを終えた後の冷たいかき氷は最高ですね!

s-image2 s-IMG_0456 s-IMG_0457

 

それではゴミ拾い後のイベントのご案内です。

s-IMG_0784 s-IMG_0785 s-IMG_0786

本日の「面白いゴミ拾った選手権」には、BLUE SANTAという事で多くのエントリーがあり、全部で7組の参加者が集まりました!

ボディーボードにスーツケース、パイプいすなど大きなものや、子供には定番のおもちゃシリーズで水鉄砲、ライトセーバーなどなど。

なんと開封していない漬物の袋まで!製造年月日を見ると2015年になっていましたが・・。

初参加の方も含め、説明も面白く、とってもハイレベルな争いとなりました。

写真は賞品を獲得した皆様の様子になります!

今回から、かとう治療院の姉妹店で木場に出来た女性専門エステ「ディアマンテ」とかとう治療院共通で使えるチケットも登場しました。

女性の参加者にはとても喜んでもらえましたよ^_^

s-IMG_0790 s-DSC_2790 s-DSC_2797 s-DSC_2802 s-DSC_2801 s-IMG_0794 s-DSC_2805

そして最後に記念撮影をして終了です。

多くの方にご参加いただいた「BLUE SANTA」本当に素敵なイベントになりました!

それではイベント後に行われた富二會の神輿担ぎの様子をアップさせて頂きます。

今年は深川八幡祭りは3年に1度の本祭りが行われます。神輿も50基以上出るので大変な人でにぎわいます。

私たち深川海さくらの地元、富岡2丁目では、「富二會」が神輿をかつぐのですが、本日はその予行練習に

深川海さくらのBLUE SANTA参加者にも練習用の神輿をかつがせてくれるというのです。

馬田会長の粋な計らいに感謝です^_^!

深川祭りは別名「水かけ祭り」とも呼ばれていて、神輿の担ぎ手に清めの水をかけて祭りを応援する事が由来となっているのですが、

練習でも容赦なく、水かけを行うそうなのです。それではその様子を写真でご覧ください。

まずは「子供神輿」です。

参加したお子さんを囲むように大人たちが先導し、神輿をかつぎます。

真ん中にはビニールのプールがあり、神輿を激しく揺らすので、水がどんどん落ちてきて、子供たちは大喜び(笑)。

s-IMG_2471 s-IMG_2480 s-IMG_2481 s-IMG_2484 s-IMG_2494 s-IMG_2497 s-IMG_2517

続いては大迫力の大人の神輿です。

s-IMG_2528 s-IMG_2534 s-IMG_2541 s-IMG_2543 s-IMG_2551 s-IMG_2549 s-IMG_2562 s-IMG_2606

富二のグレーのTシャツの合間に、ブルーサンタがちらほら(笑)。

私も初めての体験でしたが、掛け声の迫力に圧倒されてしまいました!

本当に皆さん、祭りが大好きで、本気なので、鬼気迫るものがあります。

本番はすごい盛り上がりになると思います、皆さんも是非、深川の街にいらして下さいね。

8/12(土)葛西でやっている「どすこいビーチクリーン」の後に寄って頂けるのが嬉しいです!

 

そして8月27日(日)はいよいよ、満を持して初めてのイベントとなる「筏レース」です。

誰でもゴミ拾いのあと無料で参加できるイベントとなっており、げんべいのサンダルももらえるので、皆さん是非いらして下さいね!

詳しくはホームページの「ゴミ拾い」をご覧ください。

宜しくお願い致します^_^

 

第16回ベストゴミ拾いファッション大賞

第16回ベストゴミ拾いファッション大賞は、雨の中、今回初めて参加して下さった「いっきゅう&たかちゃん」です!

s-IMG_2323 s-IMG_2325

1. どこから来ましたか?

牡丹3丁目からきました。

2.今日のファッションのポイントは?

雨が降っていることもあり、カッパスタイルで臨みました!

3.ゴミ拾いの感想

私が大好きな焼き鳥アポロさんから紹介があり、初参加させていただきました。土砂降りなので、人も少ないのかな~と思っていたら、たくさんの方がいてビックリ拾いながら思うことは、意図的に捨てたものと落し物とは、違うけれど…それも最後はゴミになってしまうんだなと思いました

4.スタッフコメント

あいにくの天気にも関わらず、一番乗りでいらして下さったいっきゅう&たかちゃん!深川海さくらの常連であり、強力に支援して下さっております「焼き鳥 アポロ」さんの紹介で来てくだいました。

雨の日ゴミ拾いのお手本のような、カッパに身を包んでいらしたお二人。いっきゅうさんは軽くて動きやすそうなパーカー&短パンというスタイルで。たかちゃんはカッパに完全に身を包み、傘いらずな完全防備です!深川の心ある皆様の和が徐々に広がり、とても嬉しく思います。これからも是非、お時間のある時に深川海さくらに遊びにいらして下さい^_^!

第16回深川海さくら活動報告

第16回深川海さくらの活動は、6月25日(日)、雨模様の中行われました。

まずは参加者、およびゴミの量。そして次回日程についてご案内させて頂きます。

s-P6252155

● 参加者:30名(男性:22名 女性:6名 お子さん:2名 + しょうちゃん)

● 可燃ごみ:9.9kg(18袋)

● 不燃ごみ:20.0kg(17袋)

● 回収非対応:3.1kg(傘など)

● 合計:33.0kg

<次回の予定>

「ブルーサンタ」イベント!!

2017年7月17日(月・祝) 9時45分

於:富岡八幡宮 横綱力士碑前(前回と同じ場所)

梅雨である6月の開催には致し方がないところもありますが、当日は雨に見舞われてしまい、今日は参加者も少なくなると予想していたのですが、常連の方を中心に、雨の中30名の方がお集まりいただきました!

まずはいつもの通り代表より挨拶をさせて頂き、「少々の雨でもゴミ拾いはやるのが海さくらスタイル、ただ途中で休んでもOK」とお話させて頂きました。続いて、本日のゴミ拾い後イベント「拾ったゴミはどうなるの?」の講義をして頂く、広陽サービス㈱加納さんよりご挨拶を頂きました。広陽サービスさんは、いつも深川海さくらのゴミ拾いで集まったゴミを収集し、仕分け処理して頂いている業者さまで、今日は皆さんの拾ったゴミがその後どのように活用されているのか、をお話して頂きます。どのような話になるか楽しみです!!

そして事務局より、次回のブルーサンタ、及び8月のいかだレース、9月のハゼ釣りについて、ご案内させて頂きました。ブルーサンタは昨年、最も多くの皆様を集めたイベントで、「海の日に、海の恩恵に感謝するため、青いサンタの衣装を着てゴミ拾いをする」という趣旨で、本家江の島海さくらをはじめ、日本全国約100ケ所で行われています。今年の深川の目標は「100人超え!」昨年の68名の参加者に加え、新規の方も募集しておりますので、興味のある方は深川海さくら事務所まで、お問い合わせください。

s-P6252107 s-P6252105 s-P6252106

それでは雨の中皆さんが奮闘するゴミ拾いの様子を、写真にてご覧ください!

s-P6252110 s-P6252112 s-P6252113 s-P6252116 s-P6252117 s-P6252119 s-P6252118 s-P6252120 s-P6252126 s-P6252127 s-P6252128 s-P6252129 s-P6252130 s-P6252131 s-P6252134 s-P6252135

レインウェアに身を包み、装備万全で望んでくださっていらっしゃる方もおり、本当に頭が下がります(><)!

写真の中盤に出てくる公園の様子は、ベンチの横にまとめて捨てられたゴミがいっぱいあり、それを深川海さくら参加者の方が丁寧に拾ってくださっている様子です。本来は憩いの場であるはずの公園に、ゴミを放置しないよう、深川海さくらでは根気強く活動を行ってまいりたいと思います。

 

続いては、恒例の「面白いゴミ拾った選手権」です。 今回は5組の方が参加してくれました!優勝は塩スイカサワーを拾ってくれた写真の男の子でした、その他の皆様にも商品をお渡しすることが出来ました。恒例の企画、どんどんレベルが上がっていつもワクワクさせて下さいます。次回のイベントでも、多くの皆様のご参加をお待ちしております!

s-P6252150 s-P6252145 s-P6252144 s-P6252147 s-P6252148

s-P6252151 s-P6252153

最後に横綱力士碑の前で、恒例の記念撮影をして、第16回深川海さくらのゴミ拾いは終了しました。皆様雨の中ご参加頂きありがとうございました^_^

s-IMG_2321

続いてはゴミ拾い後のイベント「拾ったゴミはどうなるの?」のセミナーです。

こちらは集合場所からほど近い長谷萬ビルの大会議室にて行われました。広陽サービス株式会社より、斎藤さん、加納さんにお越し頂き、セミナーの司会をして頂きました。

内容については後日、HPにもアップさせて頂きますが、深川海さくらで拾ったゴミが今までどのくらいあって、それを用途に分けて分別し、計量している事。燃えるゴミや燃えないゴミがそれぞれ焼却され、エネルギーとして活用されている事。広陽サービスさんでは、用途に分けて第1~第4までのリサイクルセンターがあり、それぞれの工場で細かい分別や、「インゴット」と呼ばれるアルミや鉄の缶をまとめて潰して箱状にしたものになり、それが再度製品として生まれ変わる事など、映像を交えてご説明頂きました。インゴットやペットボトルのフレーク状の袋が何本の製品から出来ているかクイズにして、正解者に(正解しなくても:笑)粗品まで頂いてしまいました。とてもわかりやすく、そして内容のあるセミナーを開いてくださった広陽サービスさんには、本当に感謝です^_^!

s-IMG_2326 s-IMG_2328 s-IMG_2327

そして最後に、これだけ多量にあるゴミを解決するために「3R」と呼ばれる活動について、ご説明頂きました。

リデュース:無駄なゴミの量を出来るだけ少なくすること

リユース:一度使ったものをゴミにしないで何度も使うこと

リサイクル:使い終わったものをもう一度資源に戻して製品を作ること

広陽サービスさんは「リサイクル」を頑張っているのですが、ゴミの量を減らすため、「リデュース」と「リユース」を意識してゴミを減らしていかなければなりませんね!

 

来月はいよいよ「ブルーサンタ」皆様の参加をお待ちしております!

 

第15回ベストゴミ拾いファッション大賞

第15回ベストゴミ拾いファッション大賞は、深川海さくらには設立当初から参加して下さっている、井手さんです。

 

井出さん全身 井出さんバストアップ

1. どこから来ましたか?

大田区鎌田から来ました

2.今日のファッションのポイントは?

暑さ対策重視です

3.ゴミ拾いの感想

毎月やっていても、なかなかゴミってなくならないんですね(>_<)

4.スタッフコメント

動きやすい服装ながらも、暑さ対策の麦わら帽子とブルーのシャツ。ジーンズ見事にコーディネイトされています!

深川海さくらにも積極的に参加して下さり、会社の方や友人を誘って下さっております。

大田区鎌田という、遠くから来て下さっている井手さん、手打ちうどん体験でも美味しそうにビールを飲んでいた写真を掲載させて頂きました^^

今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

 

第15回深川海さくら活動報告

第15回深川海さくらの活動は、5月27日(土)、快晴の中行われました。

まずは参加者、およびゴミの量。そして次回日程についてご案内させて頂きます。

s-P5272044

● 参加者:42名(男性:27名 女性:7名 お子さん:8名 )

● 可燃ごみ:4.1kg(23袋)

● 不燃ごみ:18.1kg(21袋)

● 回収非対応:3.7kg(傘など)

● 合計:25.9kg

<次回の予定>

2017年6月25日(日) 9時45分

於:富岡八幡宮 横綱力士碑前(前回と同じ場所)

 

絶好のゴミ拾い(散歩日和)の中、まずは代表の長谷川より、深川海さくらの活動について、趣旨や目標など、ご説明させて頂きました。この日は初参加の方が10名以上ととても多く、深川海さくらの活動も1年を超え、徐々に皆さんに知って頂けているようで大変嬉しかったです!

s-P5271974

そして運営事務局より、本日のゴミ拾い後の「うどん体験」イベントの会場となる、深川萬寿庵のそばやうどんのネット販売についてのご紹介をさせて頂き、続いて今後の予定についてお話させて頂きました。

6月25日はいつもゴミを回収して下さっている広陽サービスさんによる「拾ったゴミはどうなるの?」という講座を行ってもらいます。そして7月17日(月・祝)「海の日」は昨年一番の集客があったブルーサンタイベントを今年もやります(私がサンタTシャツを着てPRさせて頂きました)!8月27日は初のイベントとなる「筏(イカダ)レース」を開催致します。これから夏に向けて、イベント目白押しとなりますので、どうぞ期待していて下さい!!

そして、今回は3人目となる「ゴミ拾いの達人」が誕生しました。写真のイケナガさんです。イケナガさんは深川海さくらの存在を知ってからは1回も休むことなくいらして下さっており、いつも大量のゴミを回収して、面白いゴミ拾った選手権を盛り上げて下さっています。イケナガさんおめでとうございました、今後ともどうぞ宜しくお願い致します^^。

s-P5271986

そしていよいよゴミ拾いの開始です!写真にて様子をご覧ください。

s-P5272014 s-P5272012 s-P5272010 s-P5272006 s-P5272007 s-P5272005 s-P5272004 s-P5272003 s-P5271998 s-P5271999 s-DSC_2554 s-DSC_2544 s-DSC_2542 s-DSC_2536

続いてイケナガさんのゴミ拾いコーナーです。コメント付きで写真掲載いたします。

写真は特に、深川不動の付近の植え込み(富岡1丁目17番地あたり)に加えて、深川2丁目(1番地・3番地あたり)のところですが、防犯カメラ作動中とか徹底的に書いてあるはずなのに、知らない感じでゴミが大量に固まった場所に捨ててあり、拾うのに苦労したエリアです。メイン通りではないですが、裏路地の少し一本入ったところで散らかっている印象を受けました
もっと、町内会の皆様と連携したいエリアの一つに感じました。

s-深川不動成田山交通安全の赤鳥居の近くの植え込み(富岡1-17付近) 深川2丁目ゴム大量に捨ててありました。 深川2丁目タバコ大量に捨ててありました。 防犯カメラ作動中

これだけ大きく表記していても、ポイ捨てしてしまうのですね・・。私たちの活動でポイ捨てが出来ない街にして行けるよう頑張らなければ!

そしてこちらは番外編です。いつもご参加して下さるナガタニ様ファミリーの「のっち」が見つけてくれた、手のひらサイズの「ちっちゃいカメ」です。こんな出会いがあるのもゴミ拾いならではの楽しみですね^^!

IMG_1966 IMG_1968

続いて恒例の「面白いゴミ拾った選手権」ですが、その前に深川の御用聞きこと、鬼頭先生が励ましに来て下さいましたので、ご紹介させて頂きます。相変わらず元気の良いご挨拶の言葉を頂きました!

s-P5272025s-DSC_2550

では「面白いゴミ拾った選手権」です、今回は初参加の方も含め、なんと8組のエントリーがありました。

一つ一つのご紹介は省かせて頂きますが、皆さんどんどんレベルが上がってきていて、入賞者を選ぶのが大変です^^;s-P5272033 s-P5272028 s-P5272032 s-P5272030 s-DSC_2570 s-DSC_2572 s-DSC_2569 s-DSC_2571 s-DSC_2562

今回はなんと!法人のキャッシュカードを見つけてくれた男の子が優勝しました。拾って頂いた企業の方も大助かりですね。これもゴミ拾いの醍醐味ではないでしょうか?参加して下さった皆様、ありがとうございました!

s-P5272031

s-DSC_2561

そして記念撮影をして、ゴミ拾いの部が終了しました。皆さん暑い中お疲れ様でした^^

s-P5272045

続いて、ゴミ拾い後のイベントで、深川萬寿庵による「手打ちうどん体験」です。今回は16名の方がご参加くださいました。その様子を写真にてご覧ください!

s-P5272064 s-P5272059 s-P5272056 s-P5272053 s-P5272051 s-P5272049 s-P5272061 s-P5272062s-P5272071

s-P5272066

うどんの塊は既にできているので、その塊を「棒で伸ばし」、「折り畳み」「包丁でカット」で出来上がりです。どこのご家庭でも手軽に、簡単に出来る、とっても楽しいイベントです。

出来上がったうどんを見て、皆さんご満悦です。ひとつの塊で約3人前くらいできてしまうのです。いっぱい食べて下さいね!

s-P5272080s-P5272081

そして、いよいよ試食タイムです。真剣に作ったおうどんの味は如何でしたでしょうか?

大人はビールも進んでいるようですね!

s-P5272092 s-P5272095 s-P5272091 s-P5272090 s-P5272082 s-P5272086 s-P5272089

みんなでやるともっと楽しめますね!皆さんのご家庭でも、パーティーなどで是非ご活用ください^^

それではまた来月、皆様のご参加をお待ちしております!!

第14回ベストゴミ拾いファッション大賞

第14回ベストゴミ拾いファッション大賞は、水質調査の先生をして頂いた、寺田浩之さんです。

寺田さんは現在、江東区や横浜市などで環境イベントを実施する会社「ココペリプラス」を経営されており、

ロゴにこめられた意味などを伺いました。

IMG_1687 IMG_1689

1. どこから来ましたか?

現在は埼玉県の東部在住ですが、生まれてから20代までは深川で過ごしました。

2.今日のファッションのポイントは?

私が代表を務めるKOKOPELLI+(ココペリプラス)のポロシャツですかね。このロゴは、笛を吹くことで大地に豊かな自然をもたらすというホピ族の精霊であるココペリが魚に乗っているというものです。私どもはこの深川の地を流れるような都市河川をメインフィールドにしている為、魚に乗ったココペリをロゴとして使用しています。一見自然とは縁遠い都市河川にも生物がすんでいて、小規模ながら自然環境が存在する。そのことをみなさんに実際に川に近づき、知っていただくことで自然再生に繋げたいという想いが形になったものです。

3.ごみ拾いの感想
水質の結果はCODが6前後という数値でした。
東京湾奥の運河としては良い部類だと思います。
また親水公園の水はとても透明感があり、水質調査をしていても心地いい状況でした。
数値と見た目からも確実のこの地域の水質は私が小学生の頃よりも良くなていると実感できました。
 4.スタッフコメント
小さいころから深川の河川に住み、遊んできたからこそ、子供の頃より川がきれいになっているというコメントは実感がこもっていますね。
しかし東京湾も含め、街のゴミが川を伝って海へ流れている事は続いており、皆さんの意識でもっときれいな川に出来ると思います。
深川海さくらではこれからも寺田さんと、水質調査や深川河川の生物調査を通じて、自然豊かな深川の街を目指し、活動して参ります。
寺田さん、ご協力ありがとうございました!